田辺ジオパーク研究会 活動履歴Index
2099.01.01
*** 画面右下の ’アーカイブ’ の該当月をクリックすると本文に到達します。
*** 画面右上の ’記事検索’ にて地名等で検索すると該当活動履歴が表示されます。
*** 右段の最新記事には最新の10件がクリックで本文に到達可能です。
但し、最初はIndexになります。(注:620pixel)

-----日付---------------活動内容----------------------------------------
2019.04.21- 田辺ジオパーク研究会総会
2019.04.17- 田ジ研自主研修 越方発電所見学会
2019.03.16- 第6回南紀熊野ジオパークフェスタ@白浜町 に出展参加
2019.03.10- 田辺ジオパーク研究会四周年(第五回)記念講演会
2019.01.23- 田ジ研自主研修 小森谷渓谷 赤壷・白壷露頭訪問
2018.12.01- 第25回 中央構造線(MTL)根来断層と龍門山遠望
2018.11.30- 田ジ研自主研修 大規模土砂災害と防災施設の現地見学会
2018.11.17- 田辺市生涯学習フェスティバル 展示参加
2018.11.03- 第24回 龍神村丹生ノ川還流丘陵(旧河谷)巡検
2018.09.22- 第23回 フェニックス褶曲~交流施設~白浜町市江崎泥ダイアピル
2018.08.25- 第22回 岡公園~和歌山城~(旧)和歌浦(玉津島神社・妹背山付近)巡検
2018.07.28- 田ジ研自主研修 潮岬と苗我島訪問
2018.06.04- 田ジ研自主研修 黒瀬川帯 黒島(由良町)カヤックツア-
2018.06.02- 田ジ研自主研修 ~第5回わが町再発見シリーズ~「日置川流域 大地の歴史」
2018.06.02- 田ジ研自主研修 まちづくり研究会(旧田辺市)学習会(一回目)
2018.05.13- 第21回 地質の日(11周年)記念イベント「鳥ノ巣半島散策&探訪」
2018.04.28- 田辺ジオパーク研究会総会
2018.03.18- 田辺ジオパーク研究会三周年記念講演会
2018.02.17- 第5回南紀熊野ジオパークフェスタ@那智勝浦町 に出展参加
2018.02.12- 田ジ研自主研修 大塔村木守・木守風穴 赤土森山近辺
2018.01.27- 田ジ研自主研修 三重県熊野市紀和鉱山資料館・その他探訪
2017.12.23- 第20回 印南漁港~畑野崎~美浜町・煙樹ヶ浜~三尾海岸~西山管制塔
2017.11.25- 田辺市生涯学習フェスティバル 展示参加
2017.11.18- 田辺市龍神村主催「翔龍祭」展示参加
2017.11.05- 第19回 落合~伏菟野(ふどの)~上野~射森峠~中辺路町西谷方面へ
2017.09.03- 第18回 城川(白浜・すさみ町)~天鳥(あまどり)海岸(すさみ町)巡検
2017.08.23- 田ジ研自主研修 城ヶ森山・亀谷原生林・龍神街道探訪
2017.06.27- 田ジ研自主研修 三里ヶ峰・蝙蝠岩探索
2017.06.18- 第17回 白崎海岸(由良)~名南風鼻・ばべ鼻(広川町)巡検
2017.05.28- 第16回 地質の日(10周年)記念イベント 「グルッと元島~天神崎」 
2017.05.17- 田辺東ロータリークラブでの講演(卓話)
2017.05.14- 田辺ジオパーク研究会総会
2017.02.26- 田辺ジオパーク研究会二周年記念講演会
2017.02.19- 紀南ユネスコ協会主催 「五感で感じる大地(ジオ)」
2017.02.12- 第4回南紀熊野ジオパークフェスタ@古座川町 に出展参加
2016.12.04- 第15回 平瀬~西大谷~合川~原の郷~木守地区巡検
2016.11.05- 第14回 本宮町備崎・黒尊佛・敷屋・篠尾川周辺巡検 
2016.09.25- 第13回 田辺市龍神村龍神 小又川近辺巡検
2016.08.28- 第12回 中辺路町 果無山脈附近巡検
2016.06.04- 第11回 天神崎・元島巡検
2016.05.15- 田辺ジオパーク研究会総会
2016.03.12- 第10回 南部町小目津公園さざれ岩~千里ヶ浜~岩代梅林~南部梅林巡検
2016.02.21- 田辺ジオパーク研究会一周年記念講演会(含む「田辺おもろいとこ」)
2016.01.23- 第9回 奇絶峡(音無川層群の上部羽六累層上部層)と龍神山
2015.12.19- 第8回 中辺路高原から栗栖川段丘確認~峰から2011年紀伊半島大水害崩落
2015.11.21- 第7回 龍神村小森谷渓谷~姶良火山灰層(谷中・さいの谷)~檜皮の滝
2015.10.17- 第6回 百間山渓谷巡り(犬落ちの滝まで)
2015.10.14- 勉強会 ふるさと自然公園センター 中屋先生
2015.09.19- 第5回 近露野中断層~お滝さん~ちちさま~湯の峰~曲がり川巡検
2015.09.16- 勉強会 ふるさと自然公園センター 中屋先生
2015.08.29- 第4回 流痕露頭~アカホヤ火山灰層~修験の滝~安川渓谷巡検
2015.06.20- 第3回 天神崎~岩陰遺跡~神子浜砥石採石場~三壷崎巡検
2015.05.16- 第2回 音無川層群・牟婁層群不整合~ひき岩群周辺~大坊~秋葉山押分け岩
2015.04.18- 第1回 新庄地区 鳥ノ巣泥岩岩脈と奥山の甌穴巡検
2015.02.15- 田辺ジオパーク研究会発足
田辺ジオパーク研究会総会
2019.04.21
2019年4月21日 令和元年度田辺ジオパーク研究会総会が新緑の中、田辺市民総合センター青少年ホールで18名の参加にて開催されました。
今回は早くも第5回目の開催になりました。アジェンダは以下の通り、今回は役員改選がありましたが、15時前に無事に終了いたしました。お疲れ様でした。
             記
令和元年度田辺ジオパーク研究会総会
日時 平成31年4月21日(日) 1:30PM~3:00PM
場所 田辺市民総合センター 2階青少年ホール
会員52名 出席者(18)名 委任状(25)名
1. 会長挨拶 (藤五和久)
2. 来賓挨拶 田辺自然保護官事務所国立公園管理官(M様)
3. 議長選出
4· 議案審議
①平成30年度活動報告(別紙)・活動紹介(パワーポイント)
②平成3 0年度会計決算報告、監査報告(別紙)
③令和元年度活動計画案(別紙)
④令和元年度予算案(別紙)
⑤田辺ジオパーク研究会会則改正(別紙)
⑥役員改選
5. 第12回地質の日イベント 「景勝ひき岩群散策&探訪」(別紙チラシ)
日程:5月26日(日) 10:00~14:30
小雨決行(雨の場合はふるさと自然公園センター研修室、荒天中止)
集合·受付:9:30~ ふるさと自然公園センター
準備物:弁当、資料、CD、救急箱、名札、領収書、
6· その他

次回定例会 5月17日(金)PM7 : 00~
東コミュニティセンター 2階研修室
*************
田辺ジオパーク研究会 平成30年度 活動報告
●定例会 毎月第3金曜日 東コミュニティセンター2階
●ジオサイト見学会(参加人数)
5月13日(日)「地質の日」イベント鳥ノ巣半島(36人)
8月25日(土) 和歌山城と片男波周辺(16人)<中屋先生>
9月22日(土) すさみ町フェニックスと市江崎--(19人)
11月3日(祝) 龍神村還流丘陵 (17人)(吉松先生)
12月1日(土) 根来断層と龍門山遠望(9人) <児玉先生>
●自主研修
6.02「水環境を考える」ワークショップ
6.02 第5回わが町再発見シリーズ~「日置川流域 大地の歴史」に参加
6,04 黒瀬川帯 黒島(由良町)カヤックツアーに参加
7.28 潮岬と苗我島訪問実地見学
11.30 大規模土砂災害と防災施設の現地見学
2019 1.23  小森谷渓谷 白壷 赤壷現地見学
●「おもしろ大地田辺」冊子·CD販売
平成27年~28年に調査した田辺市内のジオサイトを手分けして紹介文を30年度に冊子
に作成。今年度は、冊子とCDをイベント時に販売した。
●パネル·生痕化石展示
生涯学習フェスティバル(おもしろジオクイズ) 11月17日(土)-18日(日)
ジオパークフェスタin白浜(おもしろジオクイズ) 3月16日 (土)
●田辺ジオパーク研究会第5回年記念講演会 
平成31年3月10日(日) 1:30~3:30PM万呂コミュニティセンター
パワーポイントにて平成30年度活動報告 (参加者約50人)
児玉敏孝先生講演会「南海トラフ巨大地震をもっとよく知ろう」
●情報発信
ホームページの更新により活動報告や一般の方々へのジオサイト見学会等の呼びかけ
(入会は随時)を行った
●その他
第5回記念講演会の開催には、近畿地方環境事務所をはじめ、和歌山県と田辺市,上富
田町·白浜町·すさみ町と各教育委員会に後援をいただいた。これらの活動により行政
に当会へのご理解とご協力をお願いし、田辺市の日本ジオパークの認定に向けた機運を
高める取り組みを行った。今後も観光、教育、防災面からジオサイトの活用について研
究をしていく。
***************
田辺ジオパーク研究会 令和元年度 活動計画
●定例会 毎月第3金曜日 東コミュニティセンター2階
●ジオサイト見学会
5月26日(日)第12回地質の日イベント「景勝ひき岩群散策&探訪」
7月大塔村木守・風穴
9月串本町ジオパークセンター
11月龍神村小森谷渓谷
1月みなべ町高城·蝙蝠岩
●自主研修
4月 17日 (水)美山村藤祭りと越方発電所見学
その他、その都度提案していく
●「おもしろ大地田辺」CD販売
平成27年~28年に調査した田辺市内のジオサイトを手分けして紹介文を30年度に冊子
に作成, 今年度は、CDのみをイベントごとに販売
●パネル·生痕化石展示·おもしろジオクイズ等
翔龍祭(龍神村) 11月
生涯学習フェスティバル11月
ジオパークフェスタ等への参加
●記念講演会
今後の講演会は、総会と同日に開催する(今年度中の開催はなし)
●情報発信
ホームページの更新により活動報告やジオに関する研究について発信する。
一般の方々へのジオサイト見学会等の呼びかけを行う(入会は随時)
●その他
イベントの開催時には、近畿地方環境事務所をはじめ、和歌山県や田辺市等に後援を
いただき、当会へのご理解とご協力をお願いし、田辺市の日本ジオパークの認定に向
けた機運を高める取り組みを行う。また、観光、教育、防災面からジオサイトの活用
について研究していく。
*************
平成30年度 会計決算報告 監査人承認
決算額 583471円 平成31年度予算額 250523円
*************
会則の第2条の一部を改正 承認をいただいた。

田辺ジオパーク研究会 会則
(名称)
第1条本会は、「田辺ジオパーク研究会」と称する。
(目的)
第2条本会は、田辺周辺地域の自然·歴史·文化·産業などをはじめとする多く
の魅力的資源について楽しく学ぶとともに、田辺の文化的発展のために必要な
活動を通じて、それらの資源を守り·育て、また 災害 ·防災についても理解を
深めながらそれらを次世代へと継承していくことを目的とする。
1.

2.

3.

4.

5.



2019.04.21 23:48 | 固定リンク | 研究会活動履歴
田ジ研自主研修 越方発電所見学会
2019.04.17
2019 0417 田辺ジオパーク研究会自主研修にて、日高川町越方発電所見学会でした。この発電所 創設は明治40年(1907年)で現在約5000KWの発電量 特徴は日高川の穿入蛇行による高度差(約27M)を利用しています。日高川のジオ的特徴を最大限に利用したものでしょう。当初は日高川の筏流しと併用された模様で流筏路(りゅうばつろ)と呼ばれどうも作業自体は導水路の途中に筏用の処理水槽があったようです(詳細資料が残っていないらしい)。これにより、約6キロの筏流しがショートカットされた模様です。タービンのある建屋は円筒形で2011年の水害時には入り口ドアの上部まで水が上がりましたが、密閉構造でしたので問題はなかったようです。建屋ではタービンが勢い良く回転しているところを見学でき、交流発電のロジックやタービンの種類を詳細に説明いただきました。100年以上前に先人が開発した施設をメンテしながら、利用しているとのこと、ひとつの大きな改築機会はやはり1953年(昭和28年)7/18の紀伊半島大水害だったそうで、この時に筏との併用はなくなったようです。ひとつの素晴らしい遺産として使い続けてほしいものです。タジケンより7名の参加でしたが、皆さん満足して帰られました。関電さん、ありがとうございました。

1.穿入蛇行の利用の概要

2.美山公民館に掲載の流筏路の写真(昭和14年とある)

3.藤棚ロードにて レンギョウも終わりの様子

4.藤棚ロードにて 藤の花のつぼみ

5.藤棚ロードにて 藤の花のつぼみ

6.藤棚ロードにて 藤の花のつぼみ

7.藤棚ロードにて 展望台 前の桜木は台風で破壊の模様

8.ここは巨大な還流丘陵

9.H氏とY氏

10.越方発電所前 広場にて見学会開始

11.先ず、浅間の取水用ダムへ

12.階段状の魚道が設置されています

13.???

14.越方発電所の導水管前で集合写真

15.放出路 タービンを回した水が流れています

16.発電機能の真髄・タービンの説明中

17.タービンを回す流路の説明 カプラン水車だったか

18.壁に見えるプレートは2011年9月台風時の水面 建屋自体は水密構造

19.タービンの最上部 ヒタチ製

20.勢いよく回転するタービンシャフト

21.導水管の最終部

22.建屋屋上からの上越方風景

23.建屋屋上からの導水管 落水部分

24.建屋屋上からの導水管 上から見ています 直径4Mくらい

25.導水管の最終平行部分(少しは斜度があるが)

26.変電所と送電線

27.正式名称 越方発電所

28.満足じゃ

29.同じような水路形式の高津尾発電所の概観

























2019.04.17 22:33 | 固定リンク | 研究会活動履歴
第6回南紀熊野ジオパークフェスタ@白浜町 に出展参加
2019.03.16
第6回南紀熊野ジオパークフェスタ@白浜町 に出展参加

【日時】平成31年3月16日(土)10時~15時30分
【場所】白浜会館
【主催】南紀熊野ジオパーク推進協議会・環境省近畿地方環境事務所
【目的】南紀熊野ジオパークの主要部分を占める吉野熊野国立公園と連携をしながら、地域関係者の理解・協力・参加を促進するとともに、認知度・理解度の向上を図ることにより、ジオパーク活動を推進し、持続可能な地域づくりを目指します。

一階フロアーでは、地元食材を使ったグルメや地場産品の販売、いくつかのジオパークの参加(遠くは下北半島ジオパーク)等、ジオパークを一段と身近に感じたイベントでした。
おもしろ田辺・ジオクイズも盛況でしたが、場所柄県外からの方も挑戦 「地元に住んでいたら全部わかるんやろうけど」と言いながら楽しんでいました。今回は初めてバーチャル・ジオツアーがあり、南紀熊野ジオパークエリアに入っていない田辺市内のジオサイトの紹介をいたしました。午後はシンポジウムが開催され、基調講演「大地の時間・人の時間」-紀井半島・太古の歴史を映像化する-(講師:小野直路 衛星放送協会会長・元NHK副会長)
主にNHKの番組で地質関係の物の裏話や紆余曲折等を披露されました。1987年の地球大紀行に始まり、最近の日本列島ジオジャパン・シリーズまでですが、要するに視聴率を稼げるかということでしょう。ここ何年かはブラタモリに代表されるように、地方地方の地質を利用した産業・文化の特徴とか、目から鱗が落ちるような事例を知ることがあるのも人びとの共感を得ているのでしょう。

まだ工事中

1. 第6回南紀熊野ジオパークフェスタin白浜チラシ

2. いつものように盛沢山の出展物等に加え、ジオ菓子&冊子CD販売とクイズも^^

3. 「おもしろ大地・田辺」のCD販売も始めました

4. 田辺の”ルル・コロ”の美味しいジオ焼き菓子ですよ~♪

5. くえどんは早めのご到着!

6. またもやクイズに挑戦! 今回の参加賞は上秋津の芝農園の美味しい🍊

7. さてさて全問正解の方がおられたのでしょうか

8. 南紀熊野ジオパーク西エリア番外編の田辺のジオサイト紹介始まり 始まり―

9. 仁坂知事ご到着 早速 暫し雑談 「・・・・・♪」「・・・・・w w」内緒話

10. 小野直路氏(衛星放送協会会長・元NHK副会長)基調講演が始まります

11. 事前準備から当日の店番お疲れ様でした♪ ジオ菓子完売(⋈◍>◡<◍)。✧♡




2019.03.16 21:16 | 固定リンク | 研究会活動履歴
田辺ジオパーク研究会四周年(第五回)記念講演会
2019.03.10
3月10日(日)は田辺ジオパーク研究会(四周年)第五回記念講演会、2018年12月第25回巡検でお世話になりました児玉敏孝先生のご講演をいただきました。

T会長の挨拶に始まり、H氏によりこの1年間の活動内容を時系列に写真中心に紹介されました。

今回のテーマは「南海トラフ巨大地震をもっとよく知ろう-地震動と津波だけでない巨大複合災害の広域で異なる危険に備える」でした。

メッセージ:「どのような地震が起き、自分が住んでいる地域はどんな被害を受ける可能性があるかを知ることが備えの一歩」であり、2018 年は草津本白根山噴火・大阪府北部地震・西日本豪雨・猛暑・猛烈台風連続パンチに北海道胆振地震と、大地の変動と温暖化による異常気象が相次ぎ、災害対策の節目を迎えた年でした。
ここ数年、国や自治体から自然災害の新想定や用語が次々と発表され、その情報量に戸惑い翻弄される。そんな中、南海トラフ巨大地震の再来確率も次第に高くなってきた。長生きしたいが楽ではないか・・・。」

最近は地球上の環境が、気温を含め変化しているのは誰もが感じていることだと思います、今回のテーマにおいての前段のポイントをわかりやすく順番に解説されています。
・どんなところに住んでいるか/住んでいますか。
・災害に対する脆弱性が大きくなってきている。国土の脆弱性/都市の脆弱性/人の脆弱性
・新しいステージを植えつける。->行政に頼ることなく、自分で守り、判断する
・最近の2冊の本の紹介      *日本列島砂山論 *大地動乱の時代
・関心度の遷移が顕著である
・西日本豪雨時の逃げ遅れの原因
・和歌山県で起こっている地震->頻繁に小さな地震は起こっている 
 *北部 比較的浅い 小 地震が多い *南部 深さ2-30キロの小地震が多い ただ、南海東南海地震は歴史的にM8クラスの巨大地震である
・南海トラフ地震の歴史->684年の白鳳地震以来の記録 2012年に新想定震源域をベースに紹介
・「南海トラフ巨大地震に備える」で先ず、今回は「知る」の部分をわかりやすく解説されました。
●知る----------->今回のテーマ
 ●南海トラフ巨大地震を知る(本当に起こるのか)
 ●住んでいる地域の特徴(地形や地質)を知る
 ●何が起こるかを知る
●備える
 ●備蓄する(食品,水,生活必需品 等)
 ●耐震補強する(家屋,ブロック,家具の転倒防止など)
 ●シュミレーションする,避難訓練する
 ●保険を見直す(火災・災害)。できれば地震保険も検討
●生き抜く
 ●巨大地震が発生すれば複合災害となる
   強震動->倒壊,火災,液状化、斜面崩壊の中を津波が襲う
 ●避難生活(数日-数ヶ月、あるいは数年?)
 ●M7クラス余震,ライフライン切断の長期化、土砂災害の危機
 ●混乱の中、怒染症拡大・デマや詐欺・体調悪化
●再建する
 ●どこに・どう暮らしていく
 ●生活再建の資金は?
 ●地域の再建・新しいコミュニティの再建

*ここからは配布された資料です。












1.なぜかフェニックス褶曲が?

2.T会長のご挨拶

3.H氏 事務局より活動内容の紹介

4.児玉氏の講演開始

5.講演中の様子

6.丸政にてお疲れ会

7.毎日新聞と紀伊民報に掲載

2019.03.10 12:22 | 固定リンク | 研究会活動履歴

- CafeNote -