田辺ジオパーク研究会 活動履歴Index
2099.01.01
*** 画面右下の ’アーカイブ’ の該当月をクリックすると本文に到達します。
*** 画面右上の ’記事検索’ にて地名等で検索すると該当活動履歴が表示されます。
*** 右段の最新記事には最新の10件がクリックで本文に到達可能です。
但し、最初はIndexになります。(注:620pixel)

-----日付---------------活動内容----------------------------------------
2022.06.18- 田辺ジオ塾 第11回 遠い宇宙に手を伸ばす
2022.05.21- 田辺ジオ塾 第10回 白浜・南方熊楠記念館が出来るまで
2022.05.15- 田ジ研自主研修 みなべ町高野・枕状溶岩
2022.05.08- 第38回 地質の日記念イベント「ひき岩群探訪」
2022.04.16- 田辺ジオ塾 第9回 ジオサイト・和歌山城 総会
2022.04.13- 田ジ研自主研修 みなべ町・高野の枕状溶岩探索
2022.03.19- 田辺ジオ塾 第8回 防災について
2022.03.13- 第37回 早春の日高川龍神見学会
2022.02.06- 田ジ研自主研修 みなべ町・平須賀(へいすが)城探索
2022.01.15- 田辺ジオ塾 第7回 鉱山と岩脈
2021.12.18- 田辺ジオ塾 第6回 日高川水系徒然
2021.12.12- 第36回 大塔村安川渓谷周辺散策
2021.11.15- 田ジ研自主研修 小森谷赤壺探索
2021.11.13- 田辺ジオ塾 第5回 三栖真砂(まなご)家紹介と自由研究
2021.10.30- 第35回 那智勝浦町太田川周辺散策
2021.10.16- 田辺ジオ塾 第4回 南方熊楠
2021.09.23- 田ジ研自主研修 日高郷土学に参加・みなべ探訪
2021.09.11- 田辺ジオ塾 第3回 田辺市・新庄の歴史
2021.08.29- 田ジ研自主研修 小森谷・赤壺探索
2021.08.04- 田辺ジオ塾 第2回 明治大水害
2021.07.22- 第34回 乳様・黒尊佛巡検
2021.07.16- 田ジ研自主研修 日高郷土学参加・鹿ヶ瀬峠探訪
2021.06.26- 田辺ジオ塾 第1回 天神崎ナショナルトラスト運動
2021.06.07- 田ジ研自主研修 赤壷探索
2021.05.09- 田ジ研自主研修 つつじ鑑賞会 護摩壇山・龍神岳
2021.04.13- 田ジ研自主研修 海南市黒江 自然博物館・漆器の町訪問
2021.04.11- 田ジ研自主研修 日高郷土学に参加
2021.03.14- 第33回 三栖廃寺跡・真砂家屋敷跡周辺散策
2021.01.31- 田ジ研自主研修 西有田県立自然公園 巡検
2020.11.21- 田ジ研自主研修 由良町石灰岩エリア 巡検
2020.11.01- 第32回 友ヶ島 巡検
2020.10.16- 田ジ研自主研修 フェニックス褶曲
2020.10.04- 第31回 上秋津奇絶峡 巡検
2020.09.17- 田ジ研自主研修 市江崎お地蔵さま→灯台→見晴台→泥ダイアピル
2020.09.13- 田ジ研自主研修 生石ヶ峰散策・あらぎ島・その他
2020.07.26- 第30回 上富田町救馬渓観音と近辺・鉱山跡 巡検
2020.07.01- 田ジ研自主研修 番所の山・生きもの植生観察会
2020.06.20- 田ジ研自主研修 ふるさと自然公園センター「ひき岩群」自然観察
2020.06.06- 田ジ研自主研修 小森谷・白壷赤壷探索
2020.05.24- 田ジ研自主研修 鳥ノ巣半島・自然観察会
2020.04.04- 田ジ研自主研修 小々森褶曲・桑の木の滝
2020.02.15- 祝!本研究会満5周年
2020.02.15- 第7回南紀熊野ジオパークフェスタ@串本町 に出展参加
2020.02.11- 田ジ研自主研修 尾鷲市三木崎園地巡検
2019.12.12- 田ジ研自主研修 奈良二上山・亀の瀬近辺
2019.11.23- 田辺市生涯学習フェスティバル 展示参加
2019.11.17- 第29回 東紀州熊野市周辺・楯ヶ崎その他 巡検
2019.09.22- 第28回 串本&古座川周辺 GPセンターその他 巡検
2019.08.17- 田ジ研自主研修 みなべ町・清川石探索・その他
2019.07.15- 第27回 大塔村 木守風穴 巡検
2019.05.26- 第26回 地質の日(12周年)記念イベント「ひき岩群探訪」
2019.04.22- 田辺ジオパーク研究会会則一部変更
2019.04.21- 田辺ジオパーク研究会総会
2019.04.17- 田ジ研自主研修 越方発電所見学会
2019.03.16- 第6回南紀熊野ジオパークフェスタ@白浜町 に出展参加
2019.03.10- 田辺ジオパーク研究会四周年(第五回)記念講演会
2019.01.23- 田ジ研自主研修 小森谷渓谷 赤壷・白壷露頭訪問
2018.12.01- 第25回 中央構造線(MTL)根来断層と龍門山遠望
2018.11.30- 田ジ研自主研修 大規模土砂災害と防災施設の現地見学会
2018.11.17- 田辺市生涯学習フェスティバル 展示参加
2018.11.03- 第24回 龍神村丹生ノ川還流丘陵(旧河谷)巡検
2018.09.22- 第23回 フェニックス褶曲~交流施設~白浜町市江崎泥ダイアピル
2018.08.25- 第22回 岡公園~和歌山城~(旧)和歌浦(玉津島神社・妹背山付近)巡検
2018.07.28- 田ジ研自主研修 潮岬と苗我島訪問
2018.06.04- 田ジ研自主研修 黒瀬川帯 黒島(由良町)カヤックツア-
2018.06.02- 田ジ研自主研修 ~第5回わが町再発見シリーズ~「日置川流域 大地の歴史」
2018.06.02- 田ジ研自主研修 まちづくり研究会(旧田辺市)学習会(一回目)
2018.05.13- 第21回 地質の日(11周年)記念イベント「鳥ノ巣半島散策&探訪」
2018.04.28- 田辺ジオパーク研究会総会
2018.03.18- 田辺ジオパーク研究会三周年記念講演会
2018.02.17- 第5回南紀熊野ジオパークフェスタ@那智勝浦町 に出展参加
2018.02.12- 田ジ研自主研修 大塔村木守・木守風穴 赤土森山近辺
2018.01.27- 田ジ研自主研修 三重県熊野市紀和鉱山資料館・その他探訪
2017.12.23- 第20回 印南漁港~畑野崎~美浜町・煙樹ヶ浜~三尾海岸~西山管制塔
2017.11.25- 田辺市生涯学習フェスティバル 展示参加
2017.11.18- 田辺市龍神村主催「翔龍祭」展示参加
2017.11.05- 第19回 落合~伏菟野(ふどの)~上野~射森峠~中辺路町西谷方面へ
2017.09.03- 第18回 城川(白浜・すさみ町)~天鳥(あまどり)海岸(すさみ町)巡検
2017.08.23- 田ジ研自主研修 城ヶ森山・亀谷原生林・龍神街道探訪
2017.06.27- 田ジ研自主研修 三里ヶ峰・蝙蝠岩探索
2017.06.18- 第17回 白崎海岸(由良)~名南風鼻・ばべ鼻(広川町)巡検
2017.05.28- 第16回 地質の日(10周年)記念イベント 「グルッと元島~天神崎」 
2017.05.17- 田辺東ロータリークラブでの講演(卓話)
2017.05.14- 田辺ジオパーク研究会総会
2017.02.26- 田辺ジオパーク研究会二周年記念講演会
2017.02.19- 紀南ユネスコ協会主催 「五感で感じる大地(ジオ)」
2017.02.12- 第4回南紀熊野ジオパークフェスタ@古座川町 に出展参加
2016.12.04- 第15回 平瀬~西大谷~合川~原の郷~木守地区巡検
2016.11.05- 第14回 本宮町備崎・黒尊佛・敷屋・篠尾川周辺巡検 
2016.09.25- 第13回 田辺市龍神村龍神 小又川近辺巡検
2016.08.28- 第12回 中辺路町 果無山脈附近巡検
2016.06.04- 第11回 天神崎・元島巡検
2016.05.15- 田辺ジオパーク研究会総会
2016.03.12- 第10回 南部町小目津公園さざれ岩~千里ヶ浜~岩代梅林~南部梅林巡検
2016.02.21- 田辺ジオパーク研究会一周年記念講演会(含む「田辺おもろいとこ」)
2016.01.23- 第9回 奇絶峡(音無川層群の上部羽六累層上部層)と龍神山
2015.12.19- 第8回 中辺路高原から栗栖川段丘確認~峰から2011年紀伊半島大水害崩落
2015.11.21- 第7回 龍神村小森谷渓谷~姶良火山灰層(谷中・さいの谷)~檜皮の滝
2015.10.17- 第6回 百間山渓谷巡り(犬落ちの滝まで)
2015.10.14- 勉強会 ふるさと自然公園センター 中屋先生
2015.09.19- 第5回 近露野中断層~お滝さん~ちちさま~湯の峰~曲がり川巡検
2015.09.16- 勉強会 ふるさと自然公園センター 中屋先生
2015.08.29- 第4回 流痕露頭~アカホヤ火山灰層~修験の滝~安川渓谷巡検
2015.06.20- 第3回 天神崎~岩陰遺跡~神子浜砥石採石場~三壷崎巡検
2015.05.16- 第2回 音無川層群・牟婁層群不整合~ひき岩群周辺~大坊~秋葉山押分け岩
2015.04.18- 第1回 新庄地区 鳥ノ巣泥岩岩脈と奥山の甌穴巡検
2015.02.15- 田辺ジオパーク研究会発足
2022.0618 田辺ジオ塾 第11回 遠い宇宙に手を伸ばす
2022.06.18
2022 0618(Sat) 第11回ジオ塾開催

昨年から始まったジオ塾(会員同士の勉強会)も、昨日で第11回目となりました
講師はR・Kちゃん
(ファミリーでサポート)
「遠い宇宙に手をのばす」
(胸に響くタイトル)
キラキラ好きから
地球の鉱物、更に宇宙
ビッグバン、元素記号、実験etc・・・!👀✨
小1からのシリーズとか
小学4年とは思えない
しっかりした口調で
スラスラと発表👀♪
今回の会議出席者は
過去最高だー(笑)
じい様ばあ様たちの
惜しみ無い拍手喝采
👏👏👏
タジケンのジオ塾は
イッキに
ハードルが高く
たかーく羽上がった
感ありあり(笑)
今後の展開がとても
楽しみだなぁ✨🤩
Rちゃんに質問
今年の夏休みも
続けるの? 
「うん!楽しいから🎶」
第12回目は8月20日
さてさて次の講師は
・・・(笑)プレッシャーですね

今回、アエンデ(Allende)隕石のことを初めて知った人が多いのではないかと思います。
    ↓
1969年2月8日、 現地時間の午前1時に、 メキシコのAllende近郊に落下した隕石です。 落下の際には周囲が明るくなるほどの大火球が目撃され、爆発音で村人が目を覚ましたといいます。 全部で2トン以上の隕石がバラバラになって落下し、その範囲は150平方キロメートル以上に及びました。 白い部分は、 CAI(Ca-Al rich Inclusion) と呼ばれる、カルシウムとアルミニウムの多い物質。 太陽系が超新星爆発のガスなどが集まってできはじめた、 最初の高温の段階でガスから凝縮した塵。 これが、 45.66億年前に固まった太陽系で最も古い物質であることがわかった。 地の黒い部分には、水や、 アミノ酸などの有機物が含まれている。
コンドリュールと呼ばれる、 丸っこい鉱物の粒もある。 これは真空中に飛び散ったマグマの水滴のようなものと考えられている。 アエンデ隕石は、 CAIの他、 太陽系外物質の発見や、アミノ酸の検出により、 生命の起源の問題にまで謎を投げかけた、 1969年落下の有名な隕石。 小惑星同士の衝突によってそこから飛びだした破片が、 アエンデ隕石となって地球に落ちてきたものと考えられます。

2022.06.18 23:02 | 固定リンク | 研究会活動履歴
田辺ジオ塾 第10回 白浜・南方熊楠記念館が出来るまで
2022.05.21
2022 0521
第10回 田辺ジオパーク研究会 ジオ塾は、
山本氏による 南方熊楠シリーズ第2弾 白浜 「南方熊楠記念館が出来るまで」山本 享一

1941年 (昭和16)12月29日 南方熊楠死去 (75歳)。
1946年 (昭和21)1月30日 岡本清造 (42歳) 南方文枝 (34歳)と結婚。
1946年3月 清造水産講習所(農林省42年1月から) 教授を退官し、4月22日日本大学経済学部講師に。
二人は東京の2K公団アパートに住み、 春夏冬休みに田辺に帰郷。
1946年9月14日 日本大学経済学部助教授、清造42歳。
1947年 (昭和22)2月 財団法人水産研究会創設。 清造評議員就任。 (村山敏三会長、 渋沢敬三顧問)
1947年9月29日
日本大学経済学部教授、清造 43歳。
1947年10月28日
ミナカタソサエティ設立準備会開催。
1948年2月17日 渋沢敬三、 南方邸を訪れる。
午後4時30分より中屋敷町興起無尽会社二階で、 雑賀貞次郎開催の辞 渋沢敬三 「南方先生の学会に尽くされた業績について」 講演、 那須孫次郎 「ミナカタ・ソサエティ支部設立」 につき提案。
1948 (昭和23)6月1日 ミナカタソサエティ設立。
代表 渋沢敬三(元大蔵大臣、日銀総裁)。
 野村吉三郎 (元駐米大使、元海軍大将、学習院院長) 清造の母の弟。
 片山哲(元内閣総理大臣)佐藤春夫 (作家)佐竹安太郎 (元東北大学長)
1949年10月1日 岡本清造著で 「岳父・南方熊楠」を平凡社から出版。
1949年10月4日 日本大学60周年記念祝典にて、 南方熊楠遺稿。
「日本産高等菌類図譜」 ほか七点を展示、 展示品と献上品、 田辺まで取りに帰る。
清造 天覧の説明と南方熊楠翁の遺業につき、 御下問に答え奉り候。
1951年 (昭和26)5月 南方熊楠全集出版 (乾元社)。
1951年5月24日~30日 南方熊楠展 東京三越で開催。
7月2日~14日 南方熊楠展 (大阪三越)
8月25日~9月2日 南方熊楠展 (神戸三越)
12月6日~10日 南方熊楠展 (和歌山県立図書館)
1952年 (昭和27)1月11日~15日 南方熊楠展 (田辺市公会堂)、5日間で26,000人入場。
1952年5月10日~15日 南方熊楠展 (名古屋市丸栄百貨店)。
各展示会はミナカタソサエティ主催で行われた。
1953年 (昭和28)6月26日 田辺市観光協会総会で、 南方会館の建設促進決定。
1954年 (昭和29)2月26日 南方会館建設委員会発足。
1956年 (昭和31)1月10日 南方記念館建設委員会結成。 会長に那須市長
事務局長に庄田市教育長 総額1千万円
1961年(昭和36) 事務局長に松山教育長。 図書館との併設案。 観光協会建設促進から8年経過、記念館建設委
員会会長那須市長から5年経過したが、 起工できず。
1962年(昭和37)12月3日 白浜番所山植物園に南方熊楠記念館建設計画案。
1963年 (昭和38)3月18日 南方熊楠記念館設立趣意書。
記念館設立発起人会
顧問
野村吉三郎、 小泉信三、 片山哲、 佐藤春夫、 渋沢敬三、 町田義友
会長
小野真次(知事)
副会長
大橋正雄 (副知事) 南方常太郎(南方本家)、 森慶三 (公室長)、 榎本林作 (園長)
室谷文男 (県企画部長)
浦政吉 岡本清造、 林一夫、 古屋才兵衛
幹事
監査 野見千吉 (田辺市長)、 南和七(白浜町長)、 中澤哲夫 ( 県会議長)
南方熊楠記念館建設目論見書
一、 記念館建築費 2,400万円 一、 内部設備費 350万円 一、天皇御歌碑建立費 100万円
一、 設計その他準備費 120万円 一、 創立費 30万円  合計 3,000万円

1965年 (昭和40)4月1日 南方熊楠記念館開館 設立後2年で完成。 清造 61歳。
昭和天皇の歌碑1962年5月 (昭和37)。 南方記念館玄関前に設置。
雨にけふる 神島を見て 紀伊の国の生みし 南方熊楠を思ふ
南方熊楠の歌碑1929年6月1日 (昭和4) 熊楠 62歳。
一枝も心して吹け沖っ風 わが天皇(すめらぎ)のめでましし森ぞ
1977年 (昭和52)5月 岡本清造が南方と改姓。 1978年 (昭和53) 日本大学経済学部名誉教授。
1979年 (昭和54)7月15日 死去。 勲三等叙勲 (75歳)。 日本大学で初めて。
南方熊楠 岡本清造没後の協力者
荒俣 宏 (博物学者) 中沢新一 (宗教学者) 鶴見和子 ( 民俗学者)
水木しげる (漫画家) 南方文枝 ( 熊楠長女 )
樫山嘉一 (1888~1963 元岡小学校校長) 夫婦、 樫山茂樹 (嘉一長男)
中瀬喜陽(ひさはる) (南方熊楠顕彰館初代館長)
2006年(平成18)5月14日 南方熊楠顕彰館開館 田辺市の建設委員会発足から50年で完成。
岡本清造文枝
熊楠の娘文枝の夫で、日本大学経済学部教授の岡本清造は、南方家の一員として資料の整理・調査に努め、
南方熊楠記念館 (白浜町) の建設にも尽力。 「白浜のように記念館を建て、それに資料を展示して多勢の人に
見てもらう・・・(田辺は) ひたすら研究に没頭するなどの精神的な面を昂揚する… 田辺はなんといっても本家ですから、 ここへ精神修養の場を建て、 ここへも遺品を展示して青年らがあつまり、南方の気風をしのんでもらう場としたい・・・・」 と岡本は語っています。 南方熊楠顕彰館に夫婦写真入りで常時展示。

秋刀魚の歌 (佐藤春夫 )
男ありて あわれ秋風よ 情(こころ)あらば伝えてよ
今日の夕餉 (ゆうげ)にひとりさんまを食(くら) ひて思ひにふけると
・今日の夕餉にひとり さんまを食ひて 涙をながすと さんまさんま さんま苦いか塩っぱいか
そが上に熱き涙をしたたらせ さんまを食ふはいづこの里のならびぞや
あわれげにそは問はまほしくかし
※佐藤春夫記念館 佐藤春夫 1892年(明治25)4月9日~1964年 (昭和39)5月6日


2022.05.21 23:31 | 固定リンク | 研究会活動履歴
田ジ研自主研修 みなべ町・高野の枕状溶岩
2022.05.15
2022 0515 みなべ町・高野の枕状溶岩観察会
曇り空でしたが、6名の参加になりました。
今回は最も効果的・速く到達可能なルートを試す機会として企画しました。
ルートとしては、田ノ垣内(たのかいと)より林道を歩き尾根筋から到達を選択しました。片道の時間としては1.5時間で枕状溶岩の上部に到達可能です。
同行された和歌山大学のI教授による鉱物の同定をいろいろ教えていただき、この金山鉱山の鉱物内容がわかってきました。ここの枕状溶岩に関しては賞賛の意見をいただきました。みなべ町の天然記念物になる可能性が大でしょう。

道程
425号線より田ノ垣内集落に入り、林道よりA終点。Aより林道歩き、B尾根に登る。BからCは快適な尾根道。CからD(枕状溶岩)まで急斜面を降下。
AからCまでは1.5時間弱。




2022.05.15 22:40 | 固定リンク | 研究会活動履歴
第38回 地質の日記念イベント「ひき岩群探訪」
2022.05.08
2022.0508
5月8日
「地質の日(5月10日)」
記念イベント
田辺市内
ひき岩群ハイキング
まだまだコロナ禍
今年は一般参加の募集
は行わず会員のみ
第2展望塔での昼食
360度パノラマ最高
景色とお弁当 夢中
(写真撮り忘れ;;)
シンボルの
蟾蜍岩(せんじょいわ)
「あ!目がついてる」
「カピバラに似てる」
「ほんまやー!」
...やはり賑やか(笑)
人々がお気軽に
色々と楽しめる場所
このジオサイト
これから益々
忙しくなりそう!!

2019/05月にもひき岩探訪しました。
http://tajiken.org/cafe/html/mon/201905-1.html
2020/06月にもひき岩探訪しました。
http://tajiken.org/cafe/html/mon/202006-1.html








2022.05.08 23:23 | 固定リンク | 研究会活動履歴

- CafeNote -