第19回 落合~伏菟野(ふどの)~上野~射森峠~中辺路町西谷方面へ
2017.11.05
2017.11.5 第19回 落合~伏菟野(ふどの)~上野~射森峠~中辺路町西谷方面へ

2011年9月4日未明、3日前からの豪雨と台風12号の影響で、田辺市伏菟野(ふどの)前谷地区の山(西側)が、山裾から凄まじい音と共に深層崩壊発生。家屋とともに尊い5名の命が失われました(合掌)。
その後、約3年半で復興を成し遂げられ2015年4月、前谷地区の入口には災害復興記念碑と銘刻碑が建立されています。
 (参考 2011年紀伊半島大水害  国土交通省近畿地方整備局災害対応の記録
https://www.kkr.mlit.go.jp/bousai/kiroku/qgl8vl0000008lkt-att/kiihantou-kirokushi.pdf
     平成23年紀伊半島大水害の被害と復興の記録  和歌山県 県土整備部
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/080100/documents/higai_gaiyou_120914.pdf)

概 要
 田辺市内から奇絶峡トンネルを抜け、県道30号線を北西“田辺梅林”方面に車を走らせる。 10月23日・29日、2週連続21・22号台風の到来で大雨が降っていた為、河原に降りられるかどうか懸念を抱いていましたが、10時10分到着時には谷川地区の川の流れはかなり落ち着いていました。 ご多忙の学術専門員中屋氏から事前に地図資料を頂いていたので、芝副会長(ジオパークガイド)が下見&当日案内を行いました。 この附近一帯は、音無川層群羽六層最上部層の礫岩層に区分されています。 長靴に履き替え、川床に降りると1~50cm程度の円礫を含む礫岩が真っ先に目に飛び込んできました(一旦、腰を下ろすとなかなか前に進めない面々だw)。 円礫の種類は、チャート・砂岩・花崗岩・石英・石灰岩・石灰質泥岩・珪質泥岩等、カラフルでとても賑やかな具沢山の岩床でした。(以前、富田川に鎮座している「峰のさざれ岩くん」と酷似しています)。更に上流に歩を進めるとソールマーク付きの大岩がドドーンと居座っていました(流れの方向は未確認)。ようやく目が慣れてきた頃は既にタイムオーバー(汗)。10m余り先の小滝までは到底行けない結果となってしまいました。 急いで車を走らせ11時15分、山間の伏菟野(ふどの)地区に到着。 早々に谷口町内会長から当時の被害状況や復興復旧の経緯などを伺いました。眼下の景色は、既に甚大被害の痕跡は無く、むしろ桃源郷のような穏やかな場所のようにも見受けられました。 
深層崩壊斜面跡の高台となっている場所には“伏菟野きくらげ生産組合”【夢のきくらげ】工場が営まれ「あらげきくらげ」と「白いきくらげ」2種類販売されています(迷わず夕餉の食材に。生(なま)きくらげ+インゲンのゴマ油炒めで美味しい一品!)。正午のチャイムが鳴り終える頃には工場内見学までさせて頂きました。 活き活きと作業に精を出されている女性たちの笑顔が脳裏から離れません。お礼の挨拶もそこそこに次の目的地まで再び乗り急ぐ(?道中何故だか道に迷う)。
 昨年10月、世界遺産熊野古道追加登録された長尾坂の終点「ねじ木の杉」近くの馬我野(ばがの)小学校グラウンドで昼食。まだ紅葉には早かったがイチョウの足元には大きなギンナンの絨毯が広がっていました(超個性的?な匂い;モチモチの美味しい触感からは想像できません)。 昼食後ひと気のない廃校を散策していると、でっかいスズメバチの巣に遭遇! はたまたズボンには多年草のアメリカセンダングサ・イノコヅチ・ヌスビトハギなどが、びっしりとくっついていました(・・え!私だけ?汗)。 
 13時20分 午後の部出発。射森峠頂上までは約20分程度、緩やかな上りが過ぎる頃、豊臣秀吉時代の古戦場跡がありました(歴史に詳しいメンバー談)。結局、先生からの課題「地層は低角(26°~25°)で逆転している箇所」は、残念ながら今回は確認出来ませんでした(汗)。 午前中に訪れた場所よりも新しい年代の付加体(牟婁層群)ですが、整備された路面を下っていると斜面には同じように厚い礫岩層の中に1~50㎝の円礫が含まれた地層と厚層砂岩の地層の分岐が顕著に現れている箇所がありました。あ!なるほど断層ラインが記載されています。
上野にお住まいの89歳知人曰く「この前まで、みな(皆さん)射森峠を超えて一願寺さんまでお参りに行ってたんやで。じき(直ぐ・速い)に行けるよ。1時間もかからんで。一緒に行こか?」フツーに降参でした。 以上
                              2017.11.10 文責 C・H



↓ 落合の川床の探索 




























↓ 伏菟野(ふどの)訪問
















































↓ 射森峠探索










↓ 落合露頭「礫岩層」(音無川層群 羽六層最上部 径1~50cm程度の円礫を含む)、又「チャート・砂岩・花崗岩・石英・石灰岩等の礫を含む(中屋氏メモ)

↓ 射森峠露頭 この附近の地層は低角26°~25°で逆転している。 西谷川の右〇印は、厚い礫岩層 径1~50cm程度の円礫を含む。砂岩・チャート・流紋岩・凝灰岩・石灰岩等の礫を含む。このあたりは牟婁層群中部(砂岩、砂岩泥岩互層及び礫岩)。




2017.11.05 10:12 | 固定リンク | 研究会活動履歴
第18城川(白浜・すさみ町)~天鳥(あまどり)海岸(すさみ町)巡検
2017.09.03
2017 0903 晴天の中、2ヶ月ぶりの田辺ジオパーク研究会の巡検に出発。約23名の参加で、行程は以下の通り。

上富田町役場前(9:00)→生馬
  ↓
川原谷(川原谷川・姶良大噴火火山灰観察)
  ↓
宇津木(休憩&周辺探訪)
  ↓
城集落(城川)W氏による案内:春日神社とW氏私邸にて茶話会
  ↓
小附(通称 ‘まだら岩’或いはトラトラ岩を観察)
  ↓
大附→小河内→防己→コカシ峠
  ↓
→江住→見老津→イノブータン・黒潮牧場道の駅近辺(光る石観察)
  ↓
黒崎(褶曲観察)→解散(16:40)

巡検地域は日置川の支流川原谷川と城川で、白浜町とすさみ町にまたがる地域である。その後、すさみ町の天鳥(あまどり)海岸にて光る石(小さな水晶群)と褶曲観察であった。特に有名なのはフエニックス褶曲だが、今回はジオパークガイドS氏のお奨めサイトを探訪することになった。
川原谷では姶良大噴火火山灰の観察をした、大体灰そのものは川面から約25メートル上面の層に散見されるようである。姶良大噴火は約2万7千年前、1年に1ミリ隆起するとして27000ミリ(=25~27メートル)らしい。
宇津木周辺は田辺層群と牟婁層群が混在する場所であるが、それと認められるものは無き模様である。宇津木橋より古座街道宇津木坂の場所を確認した。
城(集落)にてW氏の私邸を訪問。お茶とお菓子をご馳走になった。昔の古座街道の往来様子等の話を伺うことができた。
小附近辺にて熱水変質によりできたストライプ模様の砂岩泥岩互層の川床を観察。いつもは水量が多いが、今回は少なく模様を十分に楽しむことができ、めいめいが、自然の造形を満喫しながら昼食を楽しむことができた。その後、紅藻類による紅色模様のある岩体を十分観察し、江住に向かった。
光る石観察では、小粒な水晶がちりばめられた多数の岩体や、小さな水晶クラスターを観察することができた。これは熱水変質の作用があったということであり、弧状岩脈の影響であろう。バックグラウンドのトピックとして沖合にある火山性溶岩体の説明がなされた。
いよいよ最後の巡検内容として、褶曲サイトの探訪を黒崎という小半島で行い、10メートルくらいの高さのコル状の丘を越えて司の形をした、褶曲を観察、堪能することができ、満足して帰途についた。
今回は、南紀熊野ジオパークエリアの南西部分を主に牟婁層群の巡検であったが、山、川、海と自然変化に富み、里では地域の方の協力もあり、人の強さも大いに感じた巡検であった。

















































































































2017.09.03 11:30 | 固定リンク | 研究会活動履歴
田ジ研自主研修 城ヶ森山・亀谷原生林・龍神街道探訪
2017.08.23
2017 08/23 晴天の中、龍神村龍神大熊にて5名が待ち合わせ、城ヶ森山・亀谷原生林・龍神街道探訪に出発。今回は追加オプションとして日光神社・龍神岳探訪を計画したが、時間的に調節が必要になり割愛することになった。今回は龍神街道の途中でUターンすることにしたが、詳細は小板橋淳氏の紀州・熊野の峠道’に紀州の殿様も歩いた龍神街道 城ヶ森越’に記述されている。札の辻より林道(崩れが激しい)を進み、城ヶ森山のすぐ南、龍神街道を南向きにやせ尾根を東側に原生林を見ながら歩き、そのうちに1126峰あたりから東向きに方向を変え、広いたおやかなという言葉がぴったりな亀谷原生林の上部尾根に出る、二重山稜を見ながら落ち葉でいっぱいの広い尾根の(’ハズムリズム’調)さくさく歩きを楽しんだ。登山者には一人も会うことなく、静かな山という印象だが、冬場は降雪があればスノーシューツアー等を楽しむことができるだろう。今回、同行者に教えていただいたが、リョウブの皮剥ぎ、犯人は日本鹿。表皮を剥がれたリョウブがたくさんあったが、枯れずに成長している。救荒植物のひとつであることも教授いただいた。

後日、0823に探訪できなかった日光神社・龍神岳(護摩壇山含む)を探訪、写真を追加した。
日光神社境内はかなり広く、巨木が林立していたと想像されるが、保存状態がよいとは思えない状況を感じた。珍しく、両日とも真西の方向に湯浅湾を望むことができ気持ちの良い日であった。
日光神社に関してはS氏の協賛で書かれたWikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E5%85%89%E7%A5%9E%E7%A4%BE
に詳しく書かれている。










亀谷原生林県自然環境保全地域
地域の特色
暖帯林より温帯林へ移行する推移帯のツガの極相林でモミ、ツガ、ミズナラ等が混交し
、上部は西南表日本型の模式的なブナ林に移行しています。本県に残存する極相林とし
て最も広域で生態系の保全上極めて重要な天然林であり、すぐれた自然環境を形成して
います。

*亀谷国有林(原生林)は、城ヶ森山から東に張り出した尾根と、郡界をなす南から東に折れて亀谷山に至る尾根に挟まれ、東側は小森谷を境界とする346ヘクタールの森林である。その内東側の107ヘクタールは人工林である。戦後の木材需要に応じて、東側から伐採を始め、小森谷へ森林軌道(鉄道)を敷設し、白壷付近まで工事が進められていたが、昭和28年(1953)の7.18の水害で、伐採した木材二万石を流失し、以後、伐採と軌道工事が中止された。災害が、亀谷原生林を守ったわけである。(小板橋淳氏 紀州・熊野の峠道より)





























以下は2017 0831護摩壇山・龍神岳探訪です。










以下は2017 0901 日光神社探訪です。














2017.08.23 22:45 | 固定リンク | 研究会活動履歴

- CafeNote -