田ジ研自主研修 白浜町番所山・生きもの植生観察会
2020.07.01
2020 0701 番所山・生きもの植生観察会
7月1日 白浜町番所山を訪問(自主研修会より)
頂上部には南方熊楠記念館(2017/3新館オープン)が建設されています
http://www.minakatakumagusu-kinenkan.jp/
前日は まるで台風のような強風と豪雨だったので海岸林のシャリンバイやトベラの枝もちぎれ海辺にはテヅルモヅルやホンダワラも多く打ちあがり灰色の空と海の色も含め 普段ご案内する景色とは一段と違った南紀白浜の風景をも垣間見ました。
急遽 自主研修会実施の経緯は1枚目の番所山森林ウォーク「番所山の森林探検」下見を兼ねてと(今回、自主研修参加者内、3名が7月5日南紀熊野ジオパークガイドの当番スタッフ)、 昨年から今年にかけて新しいメンバーがイッキに増えたので身近な「ジオッち見学&観察会」も併せて実施の運びとなりました。

「月桃が咲き乱れていた。壺筒状の蕾の外側は淡いクリーム色で、先っぽがポッと紅色に染まっている。幾つの蕾がついているのかラグビーボール大。2~3こ開いた花の内側は、黄とオレンジと紅点の極彩色が、おいでゞと呼んでいるような。 沖縄の人々が生活の中にその葉を使いこなす事の意味が少し解ったような。聞けば串本方面では、なれずしの巻き葉に使うとのこと。抗菌杭臭皿のしょうが科ゲットウの花。沖縄の食生活文化との近さを教えてくれる番所山ウォークでした。  砂浜の砂は貝殻の粒できらめいていました。一面、貝の砂の上に自分が居るというウットリ感覚、ミクロが教えてくれるこの世界の重層感を案内して下さり多謝」K・K氏

※次回は7月26日上富田町、救馬渓観音~富田川筋~竜松山等



1.9月と10月は2回づつあります

2.前日の嵐の名残りが砂浜に拡散していた

3.タヌキモ属は、シソ目タヌキモ科に分類される植物の一属 黄色が花

4.カダヤシ むかし日本軍が蚊を退治するために輸入したといわれる小さな魚

5.アコウの気根 暖地の沿海部に分布するイチジクの仲間 絞め殺しの木ともいわれる

6.コウヤボウキ キク科コウヤボウキ属 落葉小低木

7.この子の名前はわかりません

8.マンネンタケの幼菌 中指くらいの大きさだった

9.ここからの眺望はなかなか良いですよ 波が高く海の色がかなり濁っていた日

10.幸せの鐘? 恋人の鐘? どちらだったのかなア~ ええ加減ですみません;

11.番所鼻灯台の看板 昭和30年2月に建てられたんですって 意外に新しい

12.カワラタケ 大きいのは直径10㎝はあったでしょうか

13.おやおや!いつのまにか背中に会の名前がプリントされている 笑

14.崖の先端で 映画「タイタニック」ケイト・ウィンスレットの気分で w w

15.思いっきり両手を広げて「さあ!飛ぶぞー」「アカン・あかん」とは言わなかったw

16.沿岸部に多いシャリンバイ 車輪のように全体がまぁるい輪郭になっている

17.トベラ 節分に家の「扉」にイワシを刺した枝を挟んで厄除けに用いた事から名前がついた

18.長径は4~5㎝ぐらい 一体誰のんでしょうか

19.番所山の名前の由来です 江戸時代の始めころ異国の舟を監視した場所

20.な!なんと!石炭だー (驚嘆)

21.ラッキーな潮位の時間帯  そりゃあ今!波打ち際に行くでしょ!

22.ちょっと高いなー 行けそうやねー

23.そうそう。先ず腰を下ろして ゆっくりと

24.取り残されている丸い島とは 昔々続いていたかもー

25.普段の観光ではなかなか足を運ばない場所 ジオツアーならでは!

26.テヅルモヅルに夢中で危うく記念写真を撮り忘れるところでした

27.ピンと合わせはゆっくり押してみたってエ~

28.たくさん打ち上げられていたテヅルモヅル (藻ではない)

29.クロブチ貝の軍団があっちこっちで2密に(密集・密接)

2020.07.01 22:56 | 固定リンク | 研究会活動履歴
田ジ研自主研修 ふるさと自然公園センター「ひき岩群」自然観察
2020.06.20
6月20日(土曜)は自主研修会でした。

ひき岩群は当会のホームグランドでもあり

2015年日本奇岩百景にも登録しています

https://www.web-gis.jp/GS_Kiga…/K100-088/Kigan100_088pc.html

今回のルートは1958年県天然記念物に指定された

ひき岩(最初の画像)から西側出入口に向かう

いつものようにあっという間の3時間

この日は新会員への歓迎の意味も含め

解散後 秋津野ガルテンで昼食会を楽しみました。

参加者の一言コメント紹介。
「 各々の人生はさて置き、地層の成り立ちに地球の時間を感じ、昆植物のミクロの決死圏を垣間見て、現実に戻った時の爽快感。またまた満喫、案内役の先生方 有難うございました」by k・k氏

<<<以前(2015 5月)、中屋先生にいただいた地質図を添付します。>>>
A.

B.

C.

D.


1.これが和歌山県天然記念物指定の「蟾蜍岩(せんじょいわ)」(通称=ひき岩)

2.ふるさと自然公園内の西口に設置されている看板

3.池にはアメンボが沢山泳いでいます

4.ヒメヒオウギスイセンは里地里山で見かけますね

5.岩肌に張り付いている地衣類たち 成長はゆっくりペース

6.目立つコモウセンゴケ 地面に張り付いて小さな虫たちを捕獲する食虫植物

7.イブキシモツケソウ 日当たりのよい山地の岩場に生える落葉低木 

8.ホラシノブ 山野にフツーに見かけるシダ植物

9.笑 笑 まるで産卵後のモリアオガエルが群がっているようだ!

10.てっぺんは禿げ山・・・そうそう最近はこんな表現不適切かもー

11.足元はそのまんまの谷;; これ以上前には進めません

12.ひき岩群は整備された遊歩道があるので登り易い

13.遠くに田辺湾もーーー 今年は花火大会も中止に;;

14.♬クチナシの~ クチナシの~ おまえのような~ ・・・あぁ~~いい匂い

15.ギボウシ 花は終わったのかな?

16.カンアオイ 非常に地味な色の花を咲かします 既に咲いた後

17.一瞬頭を上げた時「え!ぎょうさんの小鳥が羽を休めている!」・・勘違いw w

18.海山川里どこでもレクチャー頂けるスペシャリスト☆彡

19.ササユリ 多彩な緑の中で ほんのり可愛く美しい! まじまじ覗き込む

20.モウセンゴケ 葉にある粘毛から粘液を分泌して虫を捕獲するんですって!

21.前日まで雨が降ったので小さな池が出来ていた

22.この子の名前はいったい?

23.本日のコースは約2.5㎞ 距離は短いが中身は濃厚

24.ちょこちょこ見かける黄色いこの花は キツネノボタンと判明

25.この子がようわからん;;・・セミの抜け殻でもないし~ この子の正体は?

26.ネムの花の形を見ていると 昔々夜店で買った小さな扇子を思いだす

27.シタキソウ 和歌山県レッドデーターブック絶滅危惧種

28.花弁の重なり方がまるで風車みたい♪

29.アジサイたちはこの時期 あっちこっちで競うように華麗な花を咲かせています

30.シロシタホタルガ なーるほど!羽の下が白いわ 頭?首がホタルのような

31.やはり現役さんの動作は何をしても早い! この日のマンパワー女子部 

32.ヤブジラミ 植物でもシラミとは これ如何にw w 

33.秋津野ガルテン 先ずは生🍊果汁で乾杯♪「さア!最後に紀州の茶粥まで食べるぞ!」


2020.06.20 01:55 | 固定リンク | 研究会活動履歴
田ジ研自主研修 小森谷・白壷赤壷探索
2020.06.06
2020 0606 少しうす曇でしたが、田ジ研自主研修・日高川の源流・小森谷の白壷赤壷探索でした。ここは条件(道路・天候・川の水量等)がよくないと川床に降りる事が出来ないところなので、6月初旬の最後の晴天期間を選びました。(ここは、田辺市内のジオパークといっても過言ではないですね)人数は、田ジ研の精鋭(?)4人になりました(元々は,5-6人の催行を予定していました。

今回の行程は、
午前:小森谷遊歩道・入り口から川床まで降りて白壷まで遡上往復
昼食
午後:遊歩道を赤壷まで歩き、崖を降下(ロープ使用)往復
でした。

地質的には、日高川層群・美山層付加コンプレックスでチャート(遠洋性深海底堆積物・放散虫の集積体)・緑色岩を伴う砂岩頁岩互層となっています。赤色チャート・白色チャートの岩盤が河床のそこここに見ることができます。目の前の赤い大きな岩が上流から転がり落ちて川中で鎮座しているのも迫力ですが、徒渉時、川底のチャートが絶妙なグラデーションを描いている粋な箇所や、器用に岩場に吸い付いてコケを食しているナガレヒキガエルのオタマさん達の半端ない数!踏んづけはしないかとヒヤヒヤしながらの前進でした。又、「赤壺」までの崖降りロープ体験は(約25メートル?)ふた昔前の高所恐怖症は一体何処へやら、田ジ研での巡検の経験の成果でしょうか、意外や意外、本人たちも驚くほど昇り降りスイスイという感じでした。通常、赤壷は大きな赤色チャートの塊が淵になっているのですが、最近は土砂が堆積してしまい、神秘感が減少しています。
以前の自主研修は
http://tajiken.org/cafe/html/mon/201901-1.html
2019 01をご覧ください。

1.先ずは白壺に向かう(赤印) 昼食後、赤壺(黒線)まで約25分 

1'.丁度、蟻合谷スラストが横切っています。

2.今回もポットホールのある場所まで行けません

3.ここは急流で川が白く見える場所 平維盛にまつわる悲しい話が

4.この傾斜ならゆっくり降りれば大丈夫

5.赤色チャートが貫入した岩盤

6.絶好の水量 (2日後(8日)から梅雨入り)

7.赤色チャートの石がそこここに

8.早速何かを見つけた様子で動かない

9.ナガレヒキガエルのおたま

10.用心 用心 慣れるまで一歩がなかなか出ない(長靴底のスポンジがとれていた;)

11.チャートがごろごろ

12.緑色岩っぽいぞ 大きな桃がドンブラコ~♪

13.初めまして。7000万年後の人間です

14.近寄れば細い石英脈が沢山走っている

15.自然の造形か 庭石に欲しい←(持ち上がらない)

16.川底には紅い帯が流れているようだ

17.何々! 褶曲模様があるぞ!

18.まだまだ腰を上げる気配はないし・・・少し待つか

19.おたま 見えるかな

20.赤い岩が居心地良いのか鎮座して

21.白い脈は少ないな

22.頁岩だろうか

23.緩やかな流れの場所

24.左下にはおたまちゃんが黒ゴマのように写っている

25.ここは結構流れが速い 白壺と呼ばれる由縁のようだ

26.小さく割れているようにみえるが川の底だから持ち上がらない

27.いよいよ白壷の核心

28.河床が赤白模様です

29.よくよく見ると小豆色、茶色、白、緑、灰色のグラデーション

30.ちょっと休憩 この時点ではまだカメラは大丈夫でありました;

31.H氏がここでズルズルと滑り胸までポッチャン! カメラがぁ~~~;;

32.鮮明な赤色岩(チャート?)が貫入

33.お!ここにも立派な赤色チャートお岩さまが

34.ここからは高巻きでしか行けません

35.そうそう記念写真忘れてた

36.歴史が刻み込まれている緑色チャートか?

37.やはり年齢的に野菜が多めw w

38. うむ、よきにはからえ? 腹が減っては~

39.ここからに赤壺チャレンジ 結構 高いがテンションハイのイケイケムード

40.うーん!なーるほど! だから赤色なんですねw

41.表情豊かな赤色チャートたち

42.このあたりには緑色チャートが少なかったような

43.これこれ!流されないようにうまく吸い付きながら泳いでいた

44.惚れ惚れ~ なかなか絵になる~(^^♪ ・・つもり 

45.お先に登らせて頂きました

46.マルチマン٩( ''ω'' )و

47.手慣れた手つきでみるみるうちにロープ撤収! 

48.左上=ヤマゴボウ 右上=サラサドウダン 左下=イワタバコ 右下=ツルデンダ

49.画鋲のように見えます ビョウダケでしょうか⤴

50.花が下向きに咲くのが特徴のようですね エゴノキ

51.半分白くなっているマタタビの葉っぱ


2020.06.06 20:30 | 固定リンク | 研究会活動履歴

- CafeNote -